様々な種類のキャップを増やしてオシャレをワンランクアップさせる

original cap

最新の情報

カジュアルな服にあうワークキャップ

キャップのもう1つのオススメにワークキャップがあります。アメリカ生まれのこの帽子、歴史は1900年代初頭です。ワークとあるとおり、作業帽として活躍していました。更にさかのぼれば鉄道作業員の被っていた帽子が元祖。作業帽なので丈夫な生地、デニムやコットン等で作られました。形はキャスケットに似た形で、サイドに数ヵ所タックをとりました。
現代のワークキャップはボリューム感があるキャスケット風。他にフィット感がある円筒形があります。前つばは曲がった芯が入っており、浅めに作られています。サイドに刺繍やロゴが入れてある物、サイズ調整ができる物があります。コットンが多いですが、他にデニムやキャンパス、合皮等も見られます。シンプルな無地や柄物等、種類が豊富です。
キャスケット風と円筒形ではトップの形が異なります。丸みのあるキャスケット風、平らな円筒形。好みで選らんでみるといいと思います。男女問わず被る帽子ですが、どちらかと言うとボーイッシュな感じになります。
女性にも手にとりやすいデザインも少しずつ増えました。チェックやドット柄、ボーダー等、カワイイデザインがあります。シンプルな服やカジュアルな服に合わせやすく、パンツスタイルがオススメです。被るときはしっかり深めに被るのがコツです。ボーイッシュに決めたい時、選んでほしい帽子です。

新着記事リスト

TOP